数独とは?

「数独」この単語を聞いたことはあるのではないでしょうか?
私も聞いたことはあって、それが何か?ということがわからない人でした。
それでは本日は「数独(パズル)」について案内していきます。

数独ってなに?

数独(すうどく)は、3×3のブロックに区切られた 9×9の正方形の枠内に1〜9までの数字を入れるペンシルパズルの一つである。「ナンバープレース(ナンプレ)」とも呼ばれる。

「数独」=「ナンバープレース」=「ナンプレ」

「ナンプレ」のことだったんです!
これなら、聞いたことある率が大幅に上昇したのではないでしょうか。
「ナンプレ」なら、雑誌などで販売もされていますので、
コンビニの雑誌コーナーで見たかもしれませんね。

遊んでみる

ナンプレについて良いサイトがあったので、紹介しておきます。

問題
無料で遊べるナンプレ(数独)問題集
nanpre

↓回答

nanpre2

数独(ナンプレ)読んで字の如く、「数字が独り」です。
1行または1列に同じ数字をいないように解いていくのがナンプレです。

基本構成は3マス×3マスのブロックを9個用意した形になります。

3マス×3マスの中には1~9までの数字が重複なく入ります。
そしてそのブロックが9ブロックからなる、パズルゲームです。

遊び方の基本としてはすでに入力されている文字に注目します。
今回の例で言うと例えば右上の「8」と「2」に注目してみましょう。

回答より
nanpre3

この黄色でなぞった列には「8」が左上のブロックで使用されているので、
ここの列と行には「8」が入らないことが確定しています。

同じように「2」もそう考えてみましょう。
nanpre4

見ての通り左上のブロックの「2」を先ほどの考えていくと、
隣のブロックの上段には「2」を入力できなくなったことがわかります。

「同じ列と行には同じ数字は独りきり」が「数独」なので、このようになります。

同じように右上のブロックを見て下さい。
ここにも「2」がありますね。
それも同じように線を引いてみると、どうでしょう。
中央上段ブロックに「2」を入れれる場所が1か所しかなくなりましたね。
このようにしてマスに数字を埋めていって回答していくパズルゲームになります。

まとめ

「数独」とは「ナンプレ」のことである。
「ナンプレ」は「ナンバープレース」の略で、マスに数字を入れるパズルゲームである。
ナンプレのパズル構成は「3マス×3マス」×「9ブロック」からなり、
数字を入れる際には同じ数字を列・行に対して1回しか使用してはいけない。

どこに何の数字を入れるかというパズルというよりは、
入れてはいけない場所をみつけるパズルゲームといえるでしょう。

これであなたもナンプレが出来るようなったはずです!
早速、やってみましょう!